日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「シニア」も頑張っているのだ

投稿日:

 昨夜、愚妻を連れて映画を観に行った。
 ノンキに映画どころではないのだが、F1をテーマにした『ラッシュ』をどうしても観たく、最終上映なので行った次第。
 F1という舞台を背景に、ハントとラウダをどう描くのか、ストーリー展開を見てみたかったのである。
 ま、それはそれとして、シネコンの窓口でチケットを買うときである。
「料金はどうされますか?」
 と、若い娘さんに問われ、料金表を見ると「シニア」の項目がある。
 60歳以上で、割安になっている。
「シニアだ!」
「おひとり千円になります」
 チケットを受け取り、歩きかけて、ふと引っかかった。
「おい」
 と愚妻に問う。
「あの女、オレに身分証を見せろと言わなかったな。シニアと信じて疑わなかったということか?」
「決まってるでしょ」
「不愉快な女だ」
「あなただって、〝シニアだ〟って張り切って言ってたじゃないの」
 確かにそうだが、見るからにシニアとは、あまり気分のいいものではなかった。
 映画は面白かったが、頭の片隅に「シニア」の三文字。
 あれこれ考えさせられた映画鑑賞であった。
 先ほど、『怒る一流 怒れない二流』が6刷りになったとメール。
 売れ行きは順調である。
 シニアだって、それなりに頑張っているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.