日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「ウソ」という前提

投稿日:

「あいつにダマされた」
 と怒るのは、
「人間はウソをついてはならない」
 という前提があるからだ。
 反対に、
「人間はウソをつく」
 という前提に立てば、
「ダマされた自分がバカだった」
 ということになる。
 このことから考えれば、
「菅総理はペテン師だ」
 と怒る鳩山サンは、
「政治家はウソをつかない」
 という前提に立っていることになる。
 これに対して、他の政治家たちは、
「政治家はダマされたほうが悪い」
 と冷ややかである。
 つまり、永田町の面々は、
「政治家はウソをつく」
 という前提に立っているということになる。
 一般社会の価値観で、政界という特殊社会を渡世する鳩山さんが、菅総理に手玉に取られるのは当然だろう。
「政界は一寸先は闇」
 と言われるが、これは「ウソつき同士が寄り集まった疑心暗鬼の世界」という意味なのである。
 だが、ウソをついて保身をはかる日々は楽ではあるまい。
 そうまでして政治家であり続けることに、どれだけの意味があるのかと、私など思うのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.