日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

冬は、冬らしくありたい

投稿日:

 抜けるような青空である。
「よし」
 と思い立って、
「支度だ、急げ!」
 愚妻に命じ、
「行くぞ!」
 畑指南役である87歳の親父に告げた。
 畑仕事を除けば〝小人閑居〟の指南役は、
「おう」
 と、もちろん二つ返事。
 一方の愚妻は、
「行っても、収穫するものはないんでしょう」
 と、現実的なことを口にしてブーイングだが、
「収穫があるから行く、ないから行かないという考えはよくない」
 と詭弁を弄してクルマに押し込んだ。
 ま、実際、畑へ行ってもすることはないのだが、畑のそばに小屋を建て、日中はここに〝常駐〟している「畑大指南役」のSさんがコーヒーを入れてくださり、庭先で歓談。
「いい天気ですなァ」
 と、S大指南役が青空を仰げば、
「ホンマですなァ」
 と、ウチの指南役が空を見上げ、
「師走じゃないみたいですね」
 と愚妻も仰ぎ見る。
 私も何か言わなければと思い、
「真冬に、こんなに暖かくていいんでしょうかねぇ。世界的に天変地異が起こっていますが、ひょっとして正月あたり、大地震でも来るかもしれませんよ」
 愚妻がイヤな顔をした。
 どうやら私は、のどかな会話の腰を折ってしまったようだ。
「しかし、いい天気ですなァ」
 あわてて空を見上げだが、3人とも冷ややかな視線で私を見たのだった。
 昨日も今日も、いい天気だ。
 だが、やはり〝いい天気すぎる〟ような気がする。
 冬は冬らしく、寒さに身体を震わせるのがよいと、私は思うのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.