日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

福島大臣は「勝負どき」

投稿日:

 普天間問題で、社民党党首で大臣の福島瑞穂さんが「絶対反対」を貫き、頑張っている。
 その福島大臣に対して、北沢俊美防衛相は、
「署名を拒否するということは首相に対する不信の表れになる。その前に自らの立場を明らかにするのが政治家として当然の姿だ」
と強い調子で福島氏に辞任を迫ったそうな。
 ならば、鳩山首相に対して、
「公約違反は潔く職を辞するのが首相として当然の姿だ」
 と言うべきでしょうに、そうは言わない。
 やっぱり、鳩山内閣はヘンですな。
 たまたま鳩山サンがソフトなイメージがあるので、批判はこの程度ですんでいるが、これが前首相の麻生サンや福田サンだったらどうだっろうか。
 ボロクソだったでしょう。
 人間は、見かけやイメージで世間の受け取り方が変わってくるということを、改めて考えるのである。
 ま、それはそれとして、福島大臣も社民党もいまが千載一遇のチャンスだ。
 国民は、民主党の詭弁(きべん)とペテンにブーイングの嵐。
 ここで節を曲げず、信念を貫けば、福島大臣も社民党も国民の支持は得られる。
 問題は、捨て身で勝負できるかどうか。
 ためらう者にチャンスなし、なのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.