日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「オムレツ」と「卵」

投稿日:

『卵を割らずにオムレツは作れない』
 という相場格言がある。
「オムレツを作って食べたいが、卵を割りたくないというのであれば、結局オムレツは食べられない」
 という意味で、
「オムレツを食べたければ、卵を割りなさい」
 とういうこと。
 相場で儲けたれば「何かを失う腹をくくれ」と相場格言は教える。
 これに似た中国の故事に『虎穴に入らずんば虎児を得ず』というのがある。
 周知のように、
「虎の住む穴に入るような危険を冒(おか)さなければ、虎の子のような貴重なものを得ることはできない」
 ということだが、これは「何事もリスクをともなう」ということで、親虎に噛み殺されるかもしれないが、うまくいけばケガすることなく虎児を得ることができる。
 ここが「卵を割ってオムレツをつくる」こととは似て非なるところだ。
 私たちはこれまで、『虎穴に入らずんば虎児を得ず』という生き方をしてきたのではないか。
(あわよくば)
(うまくいけば)
 と、うまく立ちまわることで、何かを得ようとする生き方である。
 だが、今度の大震災は、そういう生き方を木っ端微塵にしたのではあるまいか。
 オムレツを食べたければ、卵を割らなければならない。
 復興には、卵を割るという〝痛み〟が確実に伴うのだ。
 人生もしかり。
『虎穴に入らずんば虎児を得ず』から『卵を割らずにオムレツは作れない』へ。
 私の人生観も変わりつつある。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.