日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「無言実行」と「有言実行」

投稿日:

 昨日、親父と愚妻と私と、大学病院へ定期診察に出かけた。
 三人そろって少し血圧が高めなので、その診察である。
 で、病院の玄関を入ったときのこと。
 親父と愚妻が、そそくさとマスクをかけ始めた。
 愚妻が私の視線を感じて、
「インフルエンザの予防」
 と答えて、
「あなたもマスクしたい?」
 付け足しのように言ったので、
「いらん!」
 親父も、私の不機嫌な視線を受けて、
「インフルになるといけん」
 言い訳のようにつぶやく。
 何がインフルだ。
「この歳じゃけん、いつ死んでもいい」
 といつも嘯(うそぶ)いているのは誰だ。
 人間は矛盾に満ちた生き物であることは、私自身が誰より承知しているが、やはり「言行一致」でなければ信用をなくすということについて、改めて考えた。
「言行一致」とは、いうまでもなく「言葉」と「行為」が一致することで、これを「信用」という。
 いい換えれば、「言葉」がなければ、「行為」があろうとなかろうと、「信用」は傷つかないことになる。
 だが、さらに観点を変えれば、「言葉」のない人間は、「行為」に保険を掛けていることになる。
 つまり、言行の一致せざることに対する保険である。
 こういう人間は信用できない。
 以上のことから、「無言実行」は信用できず、「有言実行」をもって、私は相手を信用するのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.