日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

私たちは「逆説の人生」を生きている

投稿日:

《田あれば田に憂へ、宅(いえ)あれば宅に憂ふ。田なければ、また憂へて田あらんことを欲(おも)ふ。宅なけばまた憂へて宅あらんことを欲ふ》
 経典『無量寿経』の一節である。
 意味はおわかりのとおり、
「田があれば田に悩み、家があれば家に悩む。田がなければ田が欲しいと悩み、家がなければ家が欲しいと悩む」
 ということから、
「有れば有ることで苦しみ、無ければ無いことを苦しむ。有れば有ることで憂(うれ)え、無ければ無いことを憂う。ゆえに憂いは、有る者も無い者も同じなのだ」
 と説く。
 とろが、凡夫たる私たちは、
「同じ苦しみなら、持てない苦しみより、持てる苦しみがのほうがいいじゃないか」
 と思う。
 家がないより、あったほうがいい。田畑がないより、あったほうがいい。
 飢えの苦しみより、飽食の苦しみを選ぶのが人情だろう。
 だが、本当にそれでいいのか。
 戦後六十余年、私たちは「獲得する人生」をひた走ってきた。
 お金、家、土地、車、電化製品、海外旅行、そして出世をめざした。
 それらを獲得することで、幸せになれると信じていたからである。
 結果はどうだったろうか。
 日本が貧しかった時代とくらべて、私たちの心はどれだけ幸福感で満たされているだろうか。
 答えは言うまでもないだろう。
 私たちは「苦しむために努力する」という〝逆説の人生〟を生きているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.