日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「論議」と「現実」

投稿日:

 今夏は暑かった。
 地球温暖化コールもあって、
「ホントに地球はヤバイんじゃないか?」
 という思いが脳裏をかすめたものだ。
 気象庁によると、今夏の日本の平均気温は、1898年以降の114年間で4番目に高かったとある。
 愚妻に教えると、
「やっぱりね」
 したり顔で、
「この暑さは異常だと思ったわ」
 と納得しているので、
「待て」
 とたしなめた。
「4番目に高かったということは、今夏より暑かった年が3回あったということになる、つまり」
 と愚妻に解説した。
 4番目という順位をどうとらえるかによって、評価は真反対になる。
「それほどに暑かった」
 と、とらえるか、
「4番目だからたいしたことない」
 と、とらえるかである。
 しかし愚妻は、深遠なる私の問題提起に対して、
「どっちだっていいでしょ。暑かったことに変わりはないんだから」
 きわめて現実的な対応をした。
 どんな高尚な論議も、「現実」を持ち出されたとたん、木っ端みじんになってしまうのだ。
 なるほど、学者が政治家になれないはずである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.