日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

今日は七夕

投稿日:

今日は七夕である。
 1年に1度だけ「織女(おりひめ)」と「牽牛(ひこぼし)」が天の川の上でデートをする日だが、この「七夕伝説」は以下のようになっている。
 天帝の娘である織女は、機(はた)を織るのが仕事。
 とても熱心で、仕事ばかりする織女を心配した天帝は、娘を天の川の向かい岸にいる牽牛と引き合わせた。
 すると、どうだ。
 二人は恋に夢中になって仕事をまったくしなくなってしまったのである。
 これに、天帝が激怒。
 二人を天の川の両岸に引き離してしまうのだが、二人の様子を哀れに思った天帝は、一年に一度、7月7日の夜だけ会うことを許すのである。
 中国の伝説なので、きわめて儒教的。
「遊ぶな、働け」
 という教えだが、それはそれとして、年に一度の逢瀬とはロマンチックではないか。
 短冊に書く願い事は本来、機織りが上手な「おりひめ」に技芸の上達を願うものだが、それがいつのにか「願い事」のすべてになっている。
 天上の「おりひめ」は7月7日になると、日本のあちこちでヒラヒラする笹の葉の短冊を天上から見下ろしながら、人間の欲というものに苦笑しているのではないかと、想像を働かせるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.