「歳時記」 一覧

no image

歳時記

「格差社会」の批判に思う

2006/2/6  

 友人の子息の結婚式に招かれ、帰宅すると、テレビで「格差社会」について論じていた。  そういえば、「格差社会」という言葉が連日、メディアをにぎわせている。金持ちと貧乏人の格差がますます広がってきたいま ...

no image

歳時記

人間関係の要諦

2006/2/3  

 昨日、月刊『CIRCUS』の取材を受けた。  取材テーマは「女子社員の管理術」といった内容だった。  また、先日は『週刊女性』の取材を受けたが、こちらは「ちょいワル女の交渉術」といったテーマで、カレ ...

no image

歳時記

「信じる」とは「問わないこと」

2006/1/31  

 最近、思うところあって「信用」について考えている。 「信用は人生の財産」と言われるが、言い換えれば、それだけ人を信用するのは難しいということなのだ。  たとえば、前々から友人と約束をしていて、当日、 ...

no image

歳時記

「道は目前にあり」について考える

2006/1/28  

 週末から那覇市に滞在している。    先週はエアコンをつける陽気だった沖縄も、今週は一転、肌寒い日が続いている。  私が主催する空手会派「昇空館」は、古武道において、沖縄伝統古武道保存会「文武館」( ...

no image

歳時記

元気づけるなら「励まし」より「同情」

2006/1/26  

 みのもんた氏が、脊柱管狭窄症を手術で克服し、以前に増してテレビで活躍している。  ご同慶の至りである。    なぜなら、私も脊柱管狭窄症であるからだ。  発症は一年前。劇団四季の『ライオンキング』を ...

no image

歳時記

ホリエモン逮捕で沈黙する〝ヒルズなお友達〟

2006/1/25  

 今朝もザッピングしながら〝ホリエモン番組〟を観た。  不思議なことが一つある。  ライブドアに家宅捜索が入って10日が経ったと言うのに、〝ヒルズなお友達〟の誰もが沈黙を守っていることである。  元週 ...

no image

歳時記

「不足」をもって「幸い」とすべし

2006/1/23  

 昨日、仕事部屋に借りている鴨川市のマンションにやってきた。  いつもだと、自宅の千葉県佐倉市から鴨川市まで、一般道で約2時間30分ほどだが、昨日は雪が残っていたので3時間以上かかった。  それでも、 ...

no image

歳時記

議論で相手をやりこめる〝噛みつき法〟

2006/1/20  

 議論して相手をやりこめる方法は、「共通認識とする価値観」に噛みつくことである。  たとえば、ライブドアの堀江貴文社長が「近鉄バッファロー」の買収に乗り出したときである。 「ライブドアという無名企業に ...

no image

歳時記

ライブドアへの強制捜査に思う

2006/1/17  

 周知のように、ライブドアに東京地検特捜部が強制捜査に入った。  出る杭は打たれ、いまやマスコミの大バッシンングである。  堀江貴文社長を擁護するわけではないが、「時代の寵児」とヨイショし、バラエティ ...

no image

歳時記

「災い転じて福となす」のレトリック

2006/1/13  

 先夜、知人に連れられて初めて行った寿司屋でのことだ。 「白身ちょうだい」  板サンに言うと、 「ウーン、今日の白身はちょっとよくないんですよ」  と渋ったのである。  そのとき私は、どう感じたか。 ...

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.