「歳時記」 一覧

no image

歳時記

「自信」は持つもの、「結果」は出すもの

2007/11/21  

 このところ、私の空手道場に入門希望者が多い。  ほとんどが小学生で、「しっかりした子に育てたい」と、親御さんは口をそろえる。  武道は「子育て」にとても有用だと思う。  その理由をひとことで言えば、 ...

no image

歳時記

福田訪米と「主権なき日本」

2007/11/19  

 福田首相は、アメリカへ何しに行ったのだろうか。  周知のように、拉致問題について、「制裁解除の中止」をブッシュ大統領に談判することなく帰ってきた。  このことについて、メディアは失望と批判的な記事を ...

no image

歳時記

築地本願寺で帰敬式

2007/11/17  

 昨日、築地本願寺で、親父と女房が帰敬式(ききょうしき)を受けてきた。  帰敬式とは、浄土真宗で行われるもので、仏弟子となるための儀式だ。得度(僧侶になる)とは違うが、法名(他宗派の戒名にあたる)が授 ...

no image

歳時記

敵は本能寺

2007/11/14  

 整体師に、月に2度ほど来てもらっている。  女性だが、かつての空手仲間で、世話になって十余年になろうか。  これだけ長く世話になっていると、私の身体に手を当てるだけで、 「〆切が続いてるの?」  と ...

no image

歳時記

「光陰矢の如し」の感慨

2007/11/11  

 今日は午後1時から、世界空手道連盟「士道館」・添野義二館長の還暦祝いが、有明ワシントンホテルであった。  添野館長の人徳で、各界から多数の人がお祝いに駆けつけ、大盛況であった。  記憶をたどると、私 ...

no image

歳時記

小沢一郎の豹変は「君子」か「ヤクザ」か

2007/11/8  

「君子は豹変す」――よく知られた諺だ。  意味は、 君子(立派な人)は、過ちを犯してもすぐに改めることから転じて、「人が性行や態度などをガラリと変えること」を言う。  ちなみに「豹変」は、豹の柄をもじ ...

no image

歳時記

〝壊し屋〟は結局、壊すのだ(続)

2007/11/6  

小沢一郎についてブログを書き終え、道場から帰宅してテレビをつけると、〝小沢辞意撤回〟のニュースである。  で、先ほどHPにアップした「〝壊し屋〟は結局、壊すのだ」というブログの続編を、急きょ書く(前ブ ...

no image

歳時記

〝壊し屋〟は結局、壊すのである

2007/11/6  

 民主党・小沢一郎代表の辞任記者会見を、諏訪温泉で見た。 (結局、その人間の本質は一生、変わらないのだ)  と湯船に浸かりながら思った。 〝壊し屋〟は結局、〝壊し屋〟なのだ。  タカは、ハトのふりはで ...

no image

歳時記

温泉と紅葉と、人生の休息

2007/11/3  

 日曜日から2泊3日で長野県の諏訪温泉へ行く。  温泉と紅葉見物である。  なぜ諏訪なのかと言えば、理由はない。  気まぐれである。  私が仕事部屋を借りている房総半島の鴨川は、背後に養老渓谷を控え、 ...

no image

歳時記

お経と、声のかすれ

2007/11/1  

 一夜明けたら、声がかすれていた。  ノドが痛い。  ガラガラ声である。  声を出そうとしても、声帯が震えないのだ。 (お経の練習をやり過ぎたせいだな)  私はうれしくなった。  達成感である。  よ ...

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.