「歳時記」 一覧

no image

歳時記

悩みも極限に至れば、幸せに転ずる

2006/4/1  

 かねて知人より、畑づくりを勧められている。  知人は広大な畑地を持っており、貸してやるからやってみろ、というわけだ。先夜も「そうだなァ。150坪ほどもあればいいかな」とおっしゃってくれた。  私は1 ...

no image

歳時記

視点を変えれば、「不幸の正体、枯れ尾花」

2006/3/29  

 先週末は、房総鴨川市に借りた仕事部屋に籠もって原稿を書いた。  今年は心理術のハウツーのほか、子育てや生き方論、時代小説など、ジャンルを広げて刊行予定になっているため、頭の中は混線状態で、ときおり脳 ...

no image

歳時記

時間の逆転発想で、暇はいくらでもつくれる

2006/3/25  

 私は保護司をやっている関係で、地元中学校から、卒業式と入学式の案内を頂戴するが、今年はどちらも出席できなかった。と言うのもすでに3ヶ月前、沖縄行きの予定を入れ、チケット類を手配していたからである。 ...

no image

歳時記

進退に窮したら、居直るべし

2006/3/22  

 もし、あなたが〝偽メール〟の永田寿康議員だったら、どう身を処したろうか。  本日の衆院懲罰委員会で、永田議員は、 「事実無根のメールでご迷惑をおかけして……云々」  と、ひたすら頭を下げ続け、自らの ...

no image

歳時記

「一日生涯」の生き方と「長寿」

2006/3/19  

「東海道の赤い石」をご存じだろうか。  飛脚の話だ。  江戸時代、足のべらぼうに速いベテラン飛脚がいた。  どうすればそんなに早く走れるのか、新人飛脚が質問すると、 「道の所々に赤い石が落ちてるんだ。 ...

no image

歳時記

生き方に、なぜ「意味」を問うのか

2006/3/16  

「お茶、飲みに行こうか?」 「お茶ァ~……。そんなん、意味ないじゃなん」 「本でも読んだら」 「どんな?」 「日本文学の古典とかさ」 「ブンガク? そんなん、意味ないじゃん」 「そんなことしたって意味 ...

no image

歳時記

愛犬マックの「媚びの生き方」

2006/3/13  

 我が家ではトイプードルを飼っている。  オスの五歳。いまは灰色になってきたが、飼い始めたときは黒い毛だったので「マック」と命名した。「真っ黒、まっくろ、マック」である。  愛玩犬なので室内で飼ってい ...

no image

歳時記

「失敗」は千載一遇のチャンスなり

2006/3/10  

 昨日、ダカーポ誌の取材を受けた。  テーマは「初対面で失敗しても、こんなケアで挽回できる」といったものだ。どう挽回するかはダカーポ誌を読んでもらうとして、取材に際して「失敗とは何か」について考えさせ ...

no image

歳時記

日々のイメージは「愚公移山」

2006/3/7  

 これまで私は、原稿や雑事が山のように溜まったときは、「除雪列車」をイメージして自分を奮い立たせてきた。巨大な〝扇風機〟で線路上の雪を吹き飛ばしていく除雪列車に我が身を重ね、片っ端からガンガン処理して ...

no image

歳時記

ビジネスとは「自分」を売ることである

2006/3/3  

「オレたちは、〝自分〟という〝商品〟を売っている」――これが、一流ホストの矜持だ。 「だって、そうでしょう」  と、某店トップホスト君が言う。 「デーラーの営業マンはクルマを売る。保険屋のオバちゃんは ...

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.