「歳時記」 一覧

no image

歳時記

「人間、物見遊山」という生き方

2006/6/9  

 貧しくとも人生謳歌――これが江戸庶民の生き方である。  執筆のため、いま江戸時代について調べているのだが、当時、庶民が住む長屋は、入口と台所を含めてわずか三坪(六畳)。隣とは板一枚で仕切られただけで ...

no image

歳時記

農作業で体得した「価値観」の正体

2006/6/5  

 このところ、毎朝5時起きで畑へ出かけている。  ピーマン、サニーレタス、コマツナ、ナス、スイカ、サツマイモ、ホウレンソウ、キューリ……。もっと植えたような気がするが失念。というのも、畑の指南役は、八 ...

no image

歳時記

「願望」という名の「我欲」に要注意

2006/5/29  

 私が仕事部屋に借りている安房鴨川市に「曽呂(そろ)温泉」というのがある。  温泉と言っても、山あいに民家のような旅館が1軒あるだけで、平日ともなれば、客はせいぜい数人といったところか。温泉は茶褐色の ...

no image

歳時記

「格差社会是正」というまやかし

2006/5/24  

《金は天下のまわりもの》という言葉がある。  意味をご存じだろうか? 「いつかは自分のところにも金がまわってくること」  とノンキなことを言っているようでは、死ぬまでお金はまわってこない。 《金は天下 ...

no image

歳時記

「結果悪ければすべて無駄」という愚かな人生

2006/5/19  

「結果よければすべてよし」――これがビジネス社会だ。  どんなに努力しようが、仕事として成功しなければ評価ゼロ。反対に、寝転がっていようと、結果を出しさえすれば賞賛される。努力という「過程」がホメられ ...

no image

歳時記

二週間ぶりにブログ再開

2006/5/18  

 浄土真宗本願寺派西山別院で11日間の得度習礼を終え、 5月16日に僧籍を得て帰宅した。早朝5時半の起床から午後11時の消灯まで、初めて経験するハードな習礼に精根尽き果て、本日になって、やっとこさブロ ...

no image

歳時記

念願の〝畑デビュー〟をする

2006/5/4  

 得度習礼を控え、体調を整えるため、仕事をすべて中断。健康ランドへ行ったり、家でゴロゴロしたりしていると、神経が弛緩して、このブログも休止状態になってしまった。  一事が万事と言うのか、ブログは仕事と ...

no image

歳時記

どう生きても、後悔するのが人生だ

2006/4/28  

「ブリタンのロバ」という言葉をご存じだろうか。  こんな話だ。  空腹のロバがいて、目の前に「水」と「エサ」があるにもかかわらず、餓死してしまう。理由は、ロバはどっちも欲しいのだが、どっちから先に口を ...

no image

歳時記

「上げたら下ろせ」――30年間、忘れ得ぬ言葉

2006/4/23  

 5月6日から11日間、得度習礼で京都・西本願寺西山別院に入るため、いま原稿に追われていて、このブログも4日ぶりになってしまった。  昨年6月、奈良教区で得度考査を受け、11月から得度習礼の予定であっ ...

no image

歳時記

弁護士の「本音」は奈辺にありや

2006/4/19  

 最高裁の弁論を弁護士がドタキャンしたことが、ニュースとして大きく報道された。  周知のとおり、「光市母子殺害事件」である。  ドタキャンの理由が、模擬裁判のリハーサル出席だったそうだが、法曹関係者は ...

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.