日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

「歳時記」 一覧

no image

歳時記

リスクを承知で〝大風呂敷〟を広げてみたまえ

2006/7/17  

 大風呂敷――胸躍る言葉ではないか。  男たる者、大風呂敷のひとつも広げられないでどうする。 「オレの大風呂敷で、地球を包んでやる」――といった気構えは欲しいものである。  だが、注意すべきは、「ハッ ...

no image

歳時記

51対49の人生をもって最上とすべし

2006/7/10  

「一般大衆の持っている金を22とすれば、金持ちのそれは78である」――と喝破したのは、日本マクドナルドの創業者にして超リッチマンの故藤田田氏で、「金を儲けようとするなら、金持ちを相手すべし」と説く。外 ...

no image

歳時記

人生勝利の要諦は「自分を知る」にあり

2006/7/4  

「誰にでも何らかの才能がある」――ホスト界のカリスマ社長・愛田武氏の言葉である。 拙著『ホストの実戦心理術』の執筆に際し、知人の紹介で愛田社長にお目にかかったときに、そうおっしゃった。  なぜ、愛田社 ...

no image

歳時記

畑を耕して気づいた「子育て」と「親」

2006/6/28  

 今朝は5時起きで畑へ行った。  まだ少量だが、キューリやコマツナ、ホウレンソウなど収穫がある。心配したカボチャも可愛い花をつけ、元気一杯である。サトイモ、ナス、ラッキョ、アシタバ、ネギ、ピーマン、落 ...

no image

歳時記

予選で敗退した「サムライブルー」の真価

2006/6/23  

 ジーコ・ジャパンがブラジル戦に完敗し、予選敗退した。  すっきりしない。  負けたからではない。 「よくやった!」  と拍手を送る気がしないのだ。  なぜだろう。  たぶんそれは、日本の選手から「必 ...

no image

歳時記

断る理由を封じ込めば、断る理由はなくなる

2006/6/19  

 先日、都内の某ターミナル駅へ行ったときのことだ。  用事を済ませ、友人と別れた私はカバン店をのぞいた。この間から作務衣に似合うカバンを探していたからだ。頭侘(ずた)袋も信玄袋も持っているのだが、資料 ...

no image

歳時記

視点を変えれば、瓦礫も宝に変ずる

2006/6/14  

 ねずみ小僧次郎吉と、石川五右衛門――。  大泥棒の双璧である。  だが、同じ泥棒でも、後世の評価は百八十度違う。  五右衛門は、私腹を肥やすために泥棒をしたのだから、正統派のワルで、 「あんな奴、釜 ...

no image

歳時記

「人間、物見遊山」という生き方

2006/6/9  

 貧しくとも人生謳歌――これが江戸庶民の生き方である。  執筆のため、いま江戸時代について調べているのだが、当時、庶民が住む長屋は、入口と台所を含めてわずか三坪(六畳)。隣とは板一枚で仕切られただけで ...

no image

歳時記

農作業で体得した「価値観」の正体

2006/6/5  

 このところ、毎朝5時起きで畑へ出かけている。  ピーマン、サニーレタス、コマツナ、ナス、スイカ、サツマイモ、ホウレンソウ、キューリ……。もっと植えたような気がするが失念。というのも、畑の指南役は、八 ...

no image

歳時記

「願望」という名の「我欲」に要注意

2006/5/29  

 私が仕事部屋に借りている安房鴨川市に「曽呂(そろ)温泉」というのがある。  温泉と言っても、山あいに民家のような旅館が1軒あるだけで、平日ともなれば、客はせいぜい数人といったところか。温泉は茶褐色の ...

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.