「歳時記」 一覧

no image

歳時記

医者の診断

2019/12/2  

今朝、総合病院の整形外科で診察を受けた。 手の痺れの原因について、医者はあれこれ懇切に説明してくれ、内科的な原因から来ることもあると言ってから、 「しかし、あなたは元気一杯ですから、それはないでしょう ...

no image

歳時記

左手の痺れ

2019/12/1  

ここ一週間ほど、左手がジンジンと痺れる。 このところ道場の仕事部屋に行かず、自宅で仕事をしているからだろう。 道場にはデスクトップを置いてあるが、自宅はノートパソ。 薄型軽量なので、キィーのタッチが浅 ...

no image

歳時記

多様性という時代

2019/11/27  

「みんな違って、みんないい」 そういう時代である。 日本語で言えば「多様性」、横文字で言えば「ダイバーシティ」。 個人の尊重はたいへん結構なことだと思う。 だが一方、「みんな違って、みんないい」となれ ...

no image

歳時記

洗濯をしてみたい

2019/11/25  

葬儀や法事など、法務に出かけるときの支度は、愚妻の役目である。 袈裟から衣体(衣)、念珠、下着、足袋まで、法務に応じて愚妻が用意し、カバンに詰める。 「通夜だ」 「一日葬だ」 「一周忌だ」 私は法務の ...

no image

歳時記

仕事の戦場

2019/11/22  

このところ午前中から忙しく、今週、初めての日帰り温泉である。 今日は愚妻は岩盤浴。 風呂からあがってくるのは12時である。 7時に入って12時までだから、5時間もあり、私はたっぷりと仕事ができるという ...

no image

歳時記

羽織を改造

2019/11/16  

着物の羽織を改造して、法衣の上からコート代わりに着ている。 和裁をやっている方にお願いし、襟の折り返しをカットして、前開きの部分に長いファスナーをつけた。 晩秋から初冬にかけて、法務に出かけるのに冬コ ...

no image

歳時記

愚かの極み

2019/11/13  

昨日、食事に行って、 「月日の経つのは早いねぇ。あと3ヶ月で立春だ」 仲居さんにそう言ったら、愚妻が恐い顔で私を睨みつけてから一転、笑顔をつくって、 「この人、ときどき変なこと言うんですよ。これから冬 ...

no image

歳時記

着物に風を通す

2019/11/8  

この数日、天気がいいので、愚妻に命じて順次、着物に風を通させた。 だが、私専用の桐箪笥が二竿あり、まかせておくと、どの引き出しから取り出したかわからなくなり、あとで整理に困る。 私は一覧表をつくり、ど ...

no image

歳時記

失敗こそ「師」

2019/11/4  

眠気というのは不思議なものである。 朝起きるのが早いので、午後など睡魔に襲われることがあるが、それを過ぎると何ともなくなる。 そのことがわかってくると、早起きが平気になる。 起床こそ眠いが、すぐに目が ...

no image

歳時記

首里城の焼失

2019/11/1  

首里城が焼失である。 古武道の稽古に毎月、まる7年通った総本部道の文武館は、那覇から向かって終点の首里駅で降りる。 だから、首里城にもよく行った。 沖縄のシンボルであり、首里城を見ると「沖縄に来た」と ...

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.