新刊紹介
 
既刊紹介
 
メッセージ
 
 
ご意見・コメント受付
 
このサイトについて
 
タイトル題字
 
 
「忍耐学」

青志社
07.06.17刊 税込1,470円

 

ガマンを味方につけ、「運気」と「勝機」を引き出す“人間学”。

忍耐に二つある。「勝者の忍耐」と「敗者の忍耐」だ。
劣勢において、頭を抱えて這い蹲(つくば)り、保身のためひたすら耐え続けるのが「敗者の忍耐」だ。

「勝者の忍耐」は違う。 膝を曲げ、身を屈(かが)ませ、矢を遠く飛ばすために弦(つる)につがえた矢を力一杯うしろに引く--この状態を「勝者の忍耐」と呼ぶのである。

「勝者の忍耐」とは具体的にどういうことを言うのか。それを解説したのが本書である。

不遇をかこったときにはどう対処すればいいのか、世渡り下手はどう解決すればいいのか、収入に恵まれないときにはどう生きればいいのか……。人生のそれぞれの試練においてどう生きるのが正解であるか、その回答のすべてが「忍耐学」のなかにある。

「忍耐学」は、世界の英雄たちが活用した儒家思想の真髄である。本書は、武道家として、僧侶として、そして作家として中国古典の説く要諦を著者流に解釈し、咀嚼し、それを現代に活かす「生き方の実戦書」としてとらえ直したものである。

小手先の生き方論ではなく、「座右の書」の王道をいく一冊。 忍耐学を仕事と生活に活かし、成功を導く58のヒント。


《章立て・小見出しの抜粋》

第1章 やる気を引き出す忍耐学

  • 譲歩の忍耐学--流れに静止し、浮力を受ける人
  • 逆境の忍耐学--砂金は水底で輝きを放つ

第2章 人間関係の悩みが解消される忍耐学

  • 話し上手の忍耐学--褒めすぎず、けなしすぎず
  • 中庸の忍耐学--中立にこだわらない柔軟な心

第3章 仕事ができる人になる忍耐学

  • 出世の忍耐学--世渡り下手で出世を焦る人
  • 賢者の忍耐学--賢者は一見、愚かな人のように見える

第4章 ストレスを溜めない上司の忍耐学

  • 自己反省の忍耐学--自分の手柄にするとき、人のせいにするとき
  • 暴言の忍耐学--己の信に従って大いにケツを叩くべし

第5章 家族みんなが幸せに過ごせる忍耐学

  • 夫婦の忍耐学--長年連れ添った夫婦は同志である
  • いたわりの忍耐学--老いの心構えを先達に学ぶ

第6章 お金といい関係を築ける忍耐学

  • 吝嗇の忍耐学--お金に使われる人を、けちん坊という
  • 布施の忍耐学--よく稼ぎ、心の平安を得られる人

第7章 人生を強くやさしく生きる忍耐学

  • 災禍の忍耐学--地獄を知らぬ人に地獄に堕ちる恐怖はない
  • 欲望の忍耐学--煩悩を取捨選択できる人